TOP >  総合 > 悪徳業者の見破り方

 

[公開日]2017/12/13  

悪徳業者の見破り方

引っ越しというと、大手業者のCMをよく目にしたりするので、何となくクリーンなイメージがあります。

悪徳業者などないのでは? という風に思われるかもしれませんが、残念ながらこの業界にもそのような業者はいるようです。

ここでいう悪徳業者は、利用者から多めに料金をもらう業者のことを言います。

引っ越しを安く済ませるどころか、後でとんでもない料金を請求されたら大変です。

では、悪徳業者を避けるために、注意しなければならないポイントを3つ紹介したいと思います。

トラックのナンバーが白だった

引っ越し業者として登録されているトラックのナンバープレートは一般貨物自動車運送事業者用のプレート「緑色」か、貨物軽自動車運送業事業者用のプレート「黒色」のどちらかです。

もし、営業のトラックが白や黄色のナンバープレートだった場合は、許可を得ていない違法業者ということになりますから、このチェックは必ず行いましょう。

内金や手付金を要求してくる

国土交通省が定める「標準引越運送約款」では、手付金・予約金などと言った内金の要求は原則禁止されています。

違法行為を平然と行う業者に大事な荷物を預けることは危険ですし、最終的な支払い時にどれだけの料金を請求されてしまうか想像もできません。

引っ越し作業を行ってからでは、泣く泣く法外な料金を支払うことになり手遅れになります。
また、法的手段をとることも一つの方法ですが、面倒で時間がかかります。そのため、事前に自己防衛しておくことが大事です。

「標準引越運送約款」を提示しない

標準引越運送約款は、国土交通省の許可を得て初めて使用することができます。

この標準引越運送約款は、契約を行う際に提示する義務があり、それを怠る業者は疑った方がいいかもしれません。

以上の悪徳業者を見破る3つのポイントを押さえておくだけでも、スムーズに気持ちよく引っ越しを済ませることができます。

忘れてはいけないのが、引っ越しの依頼は契約だということです。

契約には、白か黒しかありませんから、それをグレーに誤魔化しているような業者は疑った方がいいでしょう。

そういった業者に引っかからないためには、一括見積もり比較サービスを利用することも重要です。

上記のような悪徳業者は登録自体ができないので、このサービスを利用することでまず巡り合いません。

一度に複数の業者に見積もり依頼ができ、安い引っ越し業者を探すこともできるので一石二鳥です。

 

TOP >  総合