TOP >  日通(日本通運)

日通(日本通運)

日通といえばCMでもお馴染みの大手の引っ越し業者です。

家族、単身の引っ越しはもちろんのこと、海外の引っ越しもできるのが強みです。もちろん、法人の引っ越しも可。

日通は、自分のスタイルに合ったプランで引っ越しができるのが特徴と言えます。

引越し大全

家族の引っ越し

えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」

引っ越しで大変なのが食器や衣類などの箱詰め・箱開け作業。

実際、日通が独自に行ったアンケートによると、「引っ越しの準備に約2週間」、「引っ越しの後片付けに約1週間」かかったという方が約8割だったそうです。

その準備や後片付けを業者に任せられるのが、えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」となっています。

「食器」と「衣類」の箱詰め・箱開けだけを頼みたいなど、要望に沿った形で作業をしてくれるので、ここは日通にお願いする、ここは自分でやる、といったことも可能です。

えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」を使うと、こんなに簡単です。

食器棚の食器
従来:約80分  えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」:約30分
和・洋・整理タンスの衣類
従来:約20分  えころじこんぽ「フル」・「ハーフ」:約5分

時間が短い分、雑なんじゃないの? という不安もあるかもしれませんが、梱包は日通が独自で開発した食器トランクやパック毛布といった梱包資材で包むので心配ありません。

また、靴も1足ずつシューズボックスに入れたり、クローゼットの衣類はハンガーに吊るしたまま掛けて運ぶので、シワになることはありません。

えころじこんぽ「ハーフ」の場合、小物箱詰めと箱開け収納の一部を自分でやる必要があります。

単身の引っ越し

家族とはまた違う単身引っ越し。意外と単身引っ越し専用のプランを用意していない引っ越し業者も多い中、日通は距離と荷物の量に応じて対応が可能な4つのプランを用意しています。

単身パックS・L

家財のサイズに合わせて選べるS・L、2つのサイズを用意しているのは日通だけ。

家具・家電の梱包はスタッフが対応なので、楽チンです。

また、荷物が多い場合、ボックスの追加も可能になっています(追加ごとに料金が発生します)。

  • 各ボックスのサイズ(内寸)
  • 単身パックS 単身パックL
    横幅108×奥行74×高さ155cm 横幅108×奥行104×高さ175cm

    ※単身パックSは1ボックスにつき100万円、単身パックLは1ボックスにつき150万円の運送保険がついています。

    また、段ボールの用意が面倒! という方に便利な資材セットもあります。

    セット内容

    • 段ボール
    • Sサイズ (343×343×343mm) ・・・ 4個
    • Mサイズ (517×343×343mm) ・・・ 6個
    • クラフトテープ ・・・ 1個
    • フトン袋 ・・・ 1袋

    ちなみに、もし、過去に別の業者で引っ越しをした時の段ボールが残っている場合、その段ボールを使用しても問題ありません。

    引越し大全
    他社の段ボールを使っても大丈夫ですか?
    引越し大全
    段ボールの種類についての制約はありませんので、他にお持ちの段ボールがありましたら、遠慮なくお使いください。
    ※日通「引っ越しよくあるご質問」より引用。

    日通(日本通運)の料金目安

    実際に日通(日本通運)の引っ越しを利用した方の料金一覧です。
    引っ越し料金がどれぐらい掛かるか参考にしてください。

    料金(概算) 引っ越し区間 移動距離(目安) 口コミ
    30,000

    口コミ
    100,000

    口コミ
    300,000 兵庫県加古川市から京都府福知山市 112.9km 口コミ

    ※上記は実際に日通(日本通運)を利用した方が掛かった費用(概算。単位:円)を表示してますが、引っ越しする人数や荷物の量、距離、時期などによって料金は異なります。実際の費用は見積もりを取って確認をしてください。

    日通(日本通運)の料金目安(当サイトの口コミ調べ)

    30,000円~300,000円

    平均:143,300円



    日通の口コミ

    次回は他の業者と比較してから検討する

    編集部コメント

    日通と言えば昔からある大手引っ越し業者ですが、口コミを見ると評価はまちまち。大手だからといって完全にお任せできるといった感じではなさそうです。

    スタッフの人数であったり、営業から現場への伝達が上手くいっていなかったりと組織が大きすぎるが故のマイナス点も出てきてしまうのかもしれません。

    一方で、他社よりもかなり安い料金で引っ越しをすることができたという声もあります。これらは交渉次第というところもあるので、当サイトの下記ページをご確認いただき、安い見積もりを取ってみてください。

    併せて読みたい