TOP >  引っ越し見積もりの取り方 > 引っ越しを安い料金でするにはどうしたらいいのか

 

引っ越しを安い料金でするにはどうしたらいいのか

[公開日]2017/10/12 [最終更新日]2018/02/20 



引っ越しは業者へと依頼をすると費用がかかるものですが、安全かつスムーズに行うためにはプロの引っ越し業者に依頼するのが一番です。

単身で荷物が少ない方なら安い料金で済ませることも可能ですが、引っ越し費用は荷物の大きさや量によって異なってくるため、家族の引っ越しではどうしても高くなりがちです。

家族の引っ越しでは一人暮らしの方に比べて冷蔵庫や洗濯機も大きいサイズになってくるので、どうしても見積もりが高くなってしまいます。

しかし、家族の引っ越しは費用を抑えられないのかといったらそうではありません。工夫次第で費用は抑えることが可能です。

まず、大型家具や家電でコンパクトにできるものはしておくことが大切です。

例えば、組立式の棚などがあるなら、解体しておくと大型家具の規定外になる可能性があります。

また、ダンボールに荷物を詰める作業を自分で行うことも大切です。

すべて業者へ任せてしてしまうと、それだけ料金が上乗せされてしまいます。

また、もし引っ越し先が近場でマイカーを持っている場合はある程度自分で荷物を運ぶことで費用の削減をすることができます。

単身パックで引っ越し料金を安くする方法

家族での引っ越しの費用を抑える方法を紹介しましたが、ひとりでの引っ越しの場合はどうでしょう。

一人暮らしの人や単身赴任で一人分だけの荷物のみで引っ越しをする場合、荷物があまり多くないため、より手軽な引っ越しが可能となります。

しかし、引っ越しにかかる費用はそれぞれ業者によって異なるため、まずは各業者の料金を比較する必要があります。

引っ越し料金が決まる基準としては、現在の住まいから引っ越し先まで荷物を運ぶ距離が大きく関係します。

遠ければ遠いほど料金は高くなりますし、近いほど料金は安くなります。

荷物の量や大きさによっても料金が大きく異なります。

そこで注目したいのが、一部の引っ越し業者で取り扱っている単身引っ越し専用プランである単身パックです。

非常に料金が安いのが特徴で、荷物が少ない人の場合、トラックを一台借りる必要がないでしょう。

とくに大きな家電が少ない人であれば、この単身パックで十分でしょう。

複数の引っ越し業者が単身パックを用意しているので、一人暮らしの場合はまずはそこで比較してみるのがいいでしょう。

できるだけ安くしたい人は、荷物を少なくすることはもちろんですが、土日ではなく平日に引っ越しするようにしましょう。

土日や祝日の方が料金が高くなるので、時間に余裕があるのであれば平日を引っ越し日とすることをオススメします。

また、引っ越し業者によっては業者の手が空いている日に引っ越しを行うという日程を指定しないプランもあります。こちらはさらに安く引っ越しができますが、引っ越し業者次第ということがあるので、退去日に余裕があったり、平日にいつでも時間が取れるということであれば利用してみてもよいでしょう。

併せて読みたい



アイコンこの記事を見た人はこの記事も見ています

 

TOP >  引っ越し見積もりの取り方

見積もり